誹謗中傷を刑事で追求

パソコン05会生活を営む上で他人の行為により損害を受ける事が稀にあります。そういった場合には泣き寝入りをしてしまう人が多いですが、法的な手段により加害者にペナルティーを与える事が可能です。主に民事訴訟により損害賠償請求をするといった方法と、刑事責任を追及するといった方法があります。このうち前者は費用がかかりますが、後者は警察や検察が公費で捜査をしてくれるため被害者側が費用を負担する事はありません。さらに加害者へのペナルティーとしての効果も大きいです。
特に誹謗中傷により被害を被るケースが多く見られますが、その場合は名誉棄損罪として扱われます。これは不特定または多数の者に対して、具体的な事実を提示し社会的な評価を落とすような行為をした場合に問われる罪です。提示する事実は真実であっても虚偽であっても成立します。こうした被害に遭った場合には、警察に被害届を出すと刑事事件として捜査が行われ検察が起訴すれば刑事裁判になります。その過程で加害者は逮捕されたり勾留される事になり、有罪判決が確定すれば刑に処せられます。
また具体的な事実の提示をしない方法で社会的な評価を落とすような行為をした場合には侮辱罪として処罰されます。法定刑は軽いですが、捜査段階で逮捕や勾留をされる事もあるためペナルティーとしては十分な効果があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。