少年刑務所の役割と目的

???? Vol.126 ?IT??????????????犯罪に該当する行為をすると、警察に逮捕されます。その後送検されて起訴されると刑事裁判が開始されます。この刑事裁判により有罪か無罪かを決定し、さらに有罪の場合は量刑や執行猶予の有無を決める事になります。有罪が確定し執行猶予も付かない場合には刑務所に収監されますが、刑務所はいくつかの種類があります。受刑者の年齢や刑期などによって分類される仕組みになってい、そのうちの1つに少年刑務所があります。
これは26歳未満の受刑者を収容する刑務所です。その名称から未成年を収容する刑事施設といった誤解を招く事もありますが、未成年を収容する事はありません。26歳未満の成人の受刑者の場合は、成人ではあるものの比較的年齢が若いため更正できる可能性が高いと判断されます。そのため他の年齢層の受刑者とは別の刑事施設を設けて、更正しいやすい環境を作っているわけです。
中での生活は通常の刑務所と同様に厳しいものではありますが、一緒に生活をする受刑者は年齢が近いもの同士であるという点で他の刑務所とは大きく異なります。またこういった若年層の受刑者のみを集めた刑務所は男性の受刑者のみが対象です。女性の受刑者の場合は、26歳未満であっても他の年齢層の受刑者と同じ刑務所に収監されます。

コメント

コメントを受け付けておりません。